メール添付ファイルを無闇に開かない

ファイルを開く

便利であっても自分の身を守るために

インターネットがここまで普及する以前から、メールに添付されているファイルは、むやみにあけてはいけないとされてきました。
現在の様な普及状況を考えた場合、なぜあけてはいけないのか、その啓発が追い付いていないのも現状です。

しかし、自分の身は自分で守らなければいけないのが、インターネットの世界でもあります。
なぜ、添付ファイルは開いてはいけないのか、危険はどこに潜んでいるのかを考え直さなければいけないでしょう。

プログラムであるということを忘れない

メールについている添付ファイルは、プログラムであるということを忘れてはいけません。
テキストメールは、文字情報だけで構成されており、プログラムとは異なります。
つまり、添付ファイルを開くということは、プログラムを実行するということになってしまうのです。

ここで考えなければいけないのは、このプログラムが悪意を持って制作されていた場合、相手の手に乗ってしまうということでしょう。
ウイルスなどであった場合には、そのまま感染してしまう可能性が高いのです。

友人知人であるから大丈夫というのは、ただの思い込みです。
もしも、そのメールアドレスに偽装してあったらどうでしょう。
まんまと引っかかってしまうだけのことなのです。

仮に、偽装しておらず、本当に本人の元から送信したものだとします。
しかし、その送り主のパソコンなどがウイルスに感染しており、意図せずにメールを発信することもあるのです。
そうなると、そこに添付されていたファイルは、悪意を持って作成し添付されたと考えなければいけません。

どんな状況であったとしても、添付ファイルは危険性をはらんでいると考えなければいけないのです。

添付ファイルと同じ危険性をはらむメールの形式

プログラムとして考えるのであれば、もう一つ考えなければいけないのが、リッチテキストやHTMLメールと呼ばれるものです。
一般のテキストメールは、文字だけで構成されており、プログラムではありません。
ところが、このリッチテキストやHTMLメールはホームページの様にきれいに作れるように、プログラムを使っているのです。

ここで添付ファイルの存在を考えなければいけません。
どちらもプログラムで作るものなのであり、悪意を持って作れば脅威となります。
そのため、ビジネスにおいてはリッチテキストやHTMLメールを使うのは禁忌しなければいけない行為だとされているのです。

普段から気を付けていかなければいけませんが、メールはテキスト形式が基本です。
誰かに送る場合には、それだけリスクを背負わせることになると肝に銘じ、よく考えて作成送信しなければいけないのが、メールだと考えましょう。