マカフィー

マカフィー

世界最大規模のセキュリティ会社が贈るソフト

マカフィーは、アメリカにあるソフトウエア及びハードウエアの販売会社が提供するセキュリティソフトです。
インテルの子会社であることでも知られています。
ITセキュリティとしては、世界最大の規模を誇っており、さまざまな対策を開発し販売しています。

2013年には、日本市場での占有率が1位となったことは記憶に新しく、それだけ市場浸透を果たしているといってよいでしょう。
性能的にもオールインワンといって支障がなく、サイトの安全評価まで行ってくれます。
企業向け製品も多く、一元管理ができたりすることで、管理費用を削減することも可能です。
プレインストールされているパソコンも多く販売されており、自動的に利用している人も多いというのも、マカフィーの特徴になっています。

検出力の高さは世界でも有数

マカフィーといえば、その評価の根幹にあるのがマルウェアの検出力の高さでしょう。
マルウェアの検出は、さまざまなセキュリティソフトが行っていますが、マカフィーはそのなかでも群を抜いて高い検出率を誇っています。

もう一つ、現在のマカフィーは、1ライセンスを購入すると、対象となるOSを搭載していれば、ライセンス使用者のすべてのマシンに使うことができます。
タブレットなどが普及してきている現在、かなりの費用低減が期待できるといえるでしょう。

利用した人の個人的評価も重要ですので、参考にしてみるのも必要です。
例えば、こちらのサイトを参考にしてみてください。
>>http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1086041695
良い評価ばかり見ていても、判断を誤ってしまうこともありますので、多くの意見を参考にしたほうが間違いありません。

マカフィーは軽いか重いか

マカフィーは、高い性能を持っており、サービスも悪くはありませんが、問題がないわけではありません。

その一つが、動作の重さです。
スキャン中の動作が軽いとも言われますが、ある程度のマシンパワーがなければ、かなり重くなってしまいます。
迷惑メールにも過敏に反応するため、セキュリティレベルを考えなければならないでしょう。

もし、何か事情があってアンインストールしなければいけないとき、マカフィーは完全に消すことが難しかったりします。
乗り換え先のセキュリティソフトの障害となってしまうこともあり、諸刃の剣となってしまう面も持っているのです。

更新の時に、クレジットカードでしか更新できなかったり、売込みが激しくあまりにも作業の邪魔をしたりするということもあります。
好き嫌いが分かれるセキュリティソフトでもありますので、レビューを参考にしてみてください。