アプリダウンロード時の注意

アプリダウンロード

スマートフォンを狙う危険性

スマートフォンの利用者は、拡大の一途をたどっています。
今後は、それまでのガラケーといわれる携帯電話の生産をメーカーが修了するということもあり、さらに拡大することが予想されるのです。

利用者が拡大するとともに、インターネットを使った攻撃も拡大していくことが考えられます。
その中でも特に危険なのが、アプリの利用とダウンロードでしょう。
外部からの攻撃は防ぐ手段がありますが、利用者自ら悪意を持ったソフトをダウンロードしたりすれば、どんなに堅固な防御手段であっても穴をあけることになるからです。

まず、スマートフォンは、携帯電話ではないということを忘れてはいけません。
電話から発展したものではなく、PDAと呼ばれるパソコンに近い端末から発展したもので、電話の機能はあとから付随された機能なのです。
端的に言い表せば、パソコンに電話が付いたものであると考えるといいでしょう。

パソコンには、情報を守るためにセキュリティを考えていくことは当たり前となりました。
スマートフォンでも、パソコンと同じと考え、セキュリティ対策を施していかなければ、内部に保存された多くの情報が危険にさらされることになるのです。

子供たちが持つことも多くなってきたスマートフォンですが、単なる端末ではなく、へたをすれば子供たちも危険にさらすことになります。
それぐらいの意識を持ち、セキュリティを考えていく必要があるのです。

危険には近寄らない

スマートフォンは、各種アプリケーションソフトをダウンロードしてくることで、機能を増やしていくことができます。
このアプリには、さまざまなプログラムでできており、ゲームなどができるようになっています。

ですが、プログラムは製作者によって悪意を持ったものに変貌させることもできるのです。
ウイルスと考えるとわかりやすくなりますが、自分でそういったプログラムを安易な判断でダウンロードしてインストールしてしまう可能性があります。
そうならないようにするためにも、アプリはよく確認し、安全性が確保されているものだけを使うようにしなければいけません。

特に危険性が指摘されるのは、Android OSを利用したものです。
世界中で利用者がいるAndroidは、自由度の高いOSで、アプリも多種多様なものが用意されています。

しかし、このアプリに関しての審査は甘く、悪意を持ったプログラムになっていることがあるのです。
それも、安易にダウンロードすることができるため、被害も増大してしまっています。

Androidのアプリの場合、レビューといった情報を検索し、本当に安全かどうかを確認しなければいけません。
さらに、ウイルス対策ソフトを導入し、最新の定義ファイルに更新しておくことも大切です。
システムも最新の状態を保ち、インストールする際のアクセス許可などをしっかりと確認しておくことでも安全性を高めることができます。

様々な対策がありますが、一番確実なのは、必要のないアプリやリスクがありそうなものをダウンロードしインストールしないことです。
危険なことに自ら近寄れば、それだけリスクを高めることになるということを忘れないようにしなければいけません。