動画サイト利用時の注意

動画サイト

一気に拡大を見せた動画配信の世界

YouTuberなどの活躍により、動画配信というものは、一躍脚光を浴びるようになりました。
動画配信は、とても多くの種類があります。
YouTubeの様に、共有するだけではなく、リアルタイムに発信しながらメッセージの交換もできるニコニコ動画やFC2ライブといったものもあります。
音楽番組を配信できるポッドキャストなど、時代と共に数多くの形を作り出してきたのです。

手軽に動画を配信することができる一方、さまざまな問題をはらみ、各所に被害を出すようにもなってきました。
法的に問題があるものも多数あるため、動画を配信する際には十分検討し、権利の侵害をしないように配慮するだけではなく、悪意を持って作成されたサイトに誘導されたりしないようにしなければなりません。

気をつけなければいけない著作権問題を含む法に抵触する行為

動画を配信する際には、著作権の問題が出てきます。
自分自身を映していたりする分には問題はありませんが、誰か別の人に権利があるものを、無断で配信していたりすると、侵害してしまう可能性が出てくるのです。
音楽や映画などがこれにあたりますが、細かな部分にまで著作権は存在することを忘れてはいけません。

違法性を知ったうえで、ダウンロードすることも、著作権法違反に問われる可能性がありますので、注意しなければいけないでしょう。

もう一つ、FC2などでも問題になっているように、アダルトな配信に関しては、法的なことも含め、非常に多くの問題を抱えています。
摘発されている例を見ても、大きなリスクを抱えることになりますので、年齢、配信内容等を考え行わなければいけません。

悪意を持って構築されたページへの誘導手段

動画配信の中には、悪意を持って構築されている場合があります。
アクセス数を増やすために、無料といった言葉で誘導される例は多数存在していますので、こうした手法に騙されないようにしなければいけません。
こうしたサイトは、音楽や映画のみならず、利用者が関心を持つことであればなんでも存在すると考えるべきです。

もう一つ危険な誘導が、動画配信のチャット機能を使い、URLを偽装して発言し誘導を誘う方法です。
FC2やニコニコ動画でも頻繁にみられる手法で、変換短縮されたURLを使われるため、見た目ではわからずアクセスしてしまうことがあります。
その先に待っているのは、悪意を持って構築されたページですので、決して近寄らずアクセスしないことが大切です。