なりすましECサイト詐欺

なりすまし

巧妙化していく偽サイトやなりすましECサイト

インターネットを使った詐欺の手法は、年々巧妙化してきています。
その中で、偽サイトを使ったり、なりすまされたECサイトを使ったりする被害が急増してきているのです。

オンラインのショッピングサイトは、実店舗が必要なく、利用者は利用したいものをダイレクトで探し、購入する意思が高いなど大きな魅力があります。
そのため、大きく市場を拡大してきているのです。
市場が拡大していけば、やはり犯罪のターゲットにされていくのも必然で、偽サイトやなりすましECサイトが出てきてしまったといえるでしょう。

本物そっくりだからこそ騙される

偽サイトやなりすましECサイト詐欺は、本物そっくりのサイトを作るところから始まっています。
ブランド名を騙たり、類似するような写真を使い、本物と変わらない見た目を作り出しているのです。

利用者にとっては、こういった偽サイトやなりすましECサイトの販売金額が同じようなものであれば、ほぼ引っかかることはないでしょう。
しかし、こういったサイトは、激安などをうたっており、ブランドが本物であると思い込んでいるうえにとどめをさしてくるのです。

現在のところ、有名ブランド名に激安などの売り言葉をつけて検索すると、ほとんどはこうした偽サイトやなりすましECサイトにぶつかります。
それだけ多数のサイトが運営されており、非常に危険だというだけではなく、問題視されてきているのです。

こうしたサイトへは、検索でたどり着くよりも、メールで誘導が行われます。
ほとんどの場合には、迷惑メールとして処理されますが、ワンクリック詐欺同様に、激安などの文字につられ、こうした偽サイトやなりすましECサイトにたどり着かされてしまうのです。

偽サイトやなりすましECサイトは、本物とほぼ変わらない作りがなされています。
ロゴマークやデザインまでコピーし、連絡先のようなものまで本物を使ったりするのです。
利用者側からすれば、あまりに巧妙化した偽サイトやなりすましECサイトを判別する術は少なく、被害は拡大してきているといっていいでしょう。

利用者の心理をついた手法に対し慎重な判断を

実際にこうしたなりすましECサイトで商品を買っても、何も商品は届きません。
お金を取られる詐欺にあうだけなのです。
さらに、クレジットカードや個人情報まで入寮しているため、2次的な被害に遭う可能性もあり、被害が拡大する可能性もあります。

利用者としては、次々出来上がっていく偽サイトやなりすましECサイトの被害に遭わないようにするため、必ず確認するような手筈をとらなければいけません。
特に、クレジットカード情報を入力し、決済のボタンを押す前には、アドレスなどの確認から始め、本当に正しいサイトを利用しているのかどうかを確認する必要があるのです。

偽サイトやなりすましECサイトの手法は、巧妙化していくだけではなく、利用者の心理を突いてきます。
甘い話には、何か裏があると考えるぐらいの慎重な判断が必要なのです。